長野ネタは「里の恵み 編集室」ブログで

いろいろ思うところがあり、長野ネタはこちらのはてなブログで展開することにしました。

里の恵み 編集室

| | コメント (0)

長野県飯山市に移住しました

東京生まれ、(ほぼ)東京育ちの私ですが、「山が見えるところに住みたい」という、漠然とした思いを現実にしてしまい、この5月に長野県飯山市に移住しました。

飯山(いいやま)市は、南北に長い長野県の北側のはしっこにあります。山々に囲まれた豪雪地帯です。とはいえ現在は新緑が美しく、花も咲き乱れ、さわやかな気候。

こんな景色を見ながら自転車で走っていると天国のようです。脳のネジがゆるんでヘラヘラしてしまいます(笑)

道の駅千曲川の目の前、小沼の菜の花畑。最高のお天気!

一応、大自然に囲まれた「田舎暮らし」ですが、住んでいるのは市街地の集合住宅。徒歩数分の最寄り駅は北陸新幹線の飯山駅です。スーパーやホームセンターも歩いて行ける範囲にあるし、意外と便利だったりします。

古民家暮らしにあこがれはありますが、私にとっては市街地の集合住宅あたりが現実的、かつ、違和感の大きすぎない田舎暮らしへのソフトランディングかもしれないな、と思いました。

とはいえ、家からはぐるっと山が見渡せるし、目の前の田んぼには水が張られ、カエルの大合唱がすごい!
車や飯山線で北の方にちょっと行けば、遠いところに来たなーという感じの大自然の“秘境”感も味わえます。

まだまだ旅行気分ではありますが、いろいろと綴っていきたいなと思います。

| | コメント (0)

丹波焼陶器まつり[2]「ココチ舎」に、大渋滞に、黒豆ジェラート

「カフェ ココロノツキ」を後にして、再びやきもの通りを歩いて窯元のギャラリーめぐり。

「雅峰窯」では、これ1000円でいいんでしょうか? と思わず言ってしまいたくなるような大皿を買い、
「丹窓窯」にはスリップウェアがあって、民藝の窯元! と、ときめき(バーナード・リーチも訪れたそう)、
「丹水窯」では、どんな人が作ったんだろう…と思わされる、繊細さと素朴さが感じられるうつわを購入。

そろそろ無料巡回バスに乗って陶器市会場へ行こうかな、と思ったら、通りの向こうにテントが…。窯元のキャラリーばかりだったので、テントとはめずらしい。

吸い寄せられるように見に行ってみると、さきほどのカフェでコーヒーをいただいたカップがあるではないですか!

丹波焼陶器まつり

右側のカップです。聞くと、カフェのオーナーからこういうのを作って、と注文されたものだとか。
手に取ると、しっくりとなじみます。迷わず買ってしまいました。

「ココチ舎」は、やきもの通りにギャラリーもあるのですが、陶器まつりではここ、立杭北バス停前にもテントをだしているそうです。テントを張る前に、まずは草刈りが必要なのだとか(笑)。

丹波焼陶器まつり

ほかにもステキなうつわがたくさんありました。

丹波焼陶器まつり

さて、陶器市会場へ行くとしましょう!
しかしバスが満員で乗れずに何台かやりすごし、やっと乗れたと思ったら、陶器市会場に近づくにつれて大渋滞に巻き込まれました。この日は、陽当りが良くてバスの中がどんどん暑くなりぐったり。

陶器市会場も大混雑で、ここで優雅にランチでも、と思っていたのですが、結局肉巻きおにぎりを食べて終了でした(涙。写真を撮る気力もなく食べてしまいましたが、おいしかったです)。

陶器市会場には約40の窯元のテントがありましたが、混雑していたので早々に引き上げることに。片道でぐるっとまわる無料巡回バスに乗ると、今度は道はがらがら。どうやら道が混んでいるのは、陶器市会場の手前だけのようですね。

もしまた丹波焼陶器まつりに来るとしたら、「カフェ ココロノツキ」もしくはバス停もある「まんま食堂」でランチを食べよう! と思いました。

立杭荘バス停で下車。再びやきもの通りでギャラリーめぐり。「ココチ舎」のギャラリーにも立ち寄りました。その近くの道端で買った黒豆ジェラート。丹波らしい食べ物を味わって気を取り直す。

丹波焼陶器まつり

里山の風景も堪能。いいところでした。次回は篠山(ささやま)にも行ってみたい。また来れますように。

丹波焼陶器まつり

こんなに買ってしまいました。

丹波焼陶器まつりで購入

繊細さと素朴さ。

丹波焼陶器まつりで購入

| | コメント (0)

映像に囲まれる。追悼特別展「高倉健」@東京ステーションギャラリー



高倉健さんの全205本の映画出演作品の映像をひたすら見る、追悼特別展「高倉健」。
私はこういう展覧会をはじめて観ました。

会場は東京ステーションギャラリー。まずはエレベーターで3階へ。ドアが開くと、街の喧騒のような音が聞こえてきた。黒いカーテンを開けると、映画の予告編映像が。え、こんなところにも!

そこかしこにたたずみ、思い思いの方向を見つめる観覧客。なんだか自分が映像の中に入っているような感覚…。

「こう来たか!」と、ちょっと興奮しました。
ここはあまり知識を入れないで体験すると、より楽しめると思います。

横尾忠則氏の滝の写真を使ったインスタレーションは、事前に画像を見ていて大変興味があったのですが、高所恐怖症な私は、入り口に立っただけで倒れそうになり、じっくり見られず。残念。

2階へ下り、赤レンガの壁の展示室へ。

液晶モニタやプロジェクターがところどころに掲げられ、出演作から編集された映像を、デビュー時から時系列で見ていくという仕掛けになっています。

さまざまな音、さまさまな映像がひしめく展示会場で、ひとつのモニタに集中しながら観ていく。これもなんだか新鮮な仕掛け。

古い映画のポスターなどもそこかしこに。昭和ムード満点な映像とポスター、そして赤レンガの壁。いい雰囲気です。

個人的な感想ですが、デビュー時の健さんはその立ち姿が初々しすぎる! 演技しているのかわからない無表情だったりする。そして、おでこにシワが刻まれるあたりからが、とてもいいなぁと思いました。

一時期、日本刀で人を斬るシーンがやたらとありまして、「50年前の日本はこんな世界だったのか?」と、一瞬の錯覚しました(笑)

2階の入り口には、映像をすべて見るのに2時間かかると書いてありました。

共演者にあんな人やこんな人がいるのを発見したり、昭和のファッションや風俗をウォッチするのも楽しく、特に健さんファンでなくても意外とあきません。結果、ほぼ全部見ました。

2時間以上の時間と、体力に余裕を持って観に行くのがおすすめです。

日時指定の完全予約制で、ゆったりと快適に観られるのもうれしいポイント。2017年1月15日まで。



追悼特別展「高倉健」@東京ステーションギャラリー

| | コメント (0)

«北信州の飯山で、野沢菜収穫&即席漬け作り体験