« 北信州の飯山で、野沢菜収穫&即席漬け作り体験 | トップページ | 丹波焼陶器まつり[2]「ココチ舎」に、大渋滞に、黒豆ジェラート »

映像に囲まれる。追悼特別展「高倉健」@東京ステーションギャラリー



高倉健さんの全205本の映画出演作品の映像をひたすら見る、追悼特別展「高倉健」。
私はこういう展覧会をはじめて観ました。

会場は東京ステーションギャラリー。まずはエレベーターで3階へ。ドアが開くと、街の喧騒のような音が聞こえてきた。黒いカーテンを開けると、映画の予告編映像が。え、こんなところにも!

そこかしこにたたずみ、思い思いの方向を見つめる観覧客。なんだか自分が映像の中に入っているような感覚…。

「こう来たか!」と、ちょっと興奮しました。
ここはあまり知識を入れないで体験すると、より楽しめると思います。

横尾忠則氏の滝の写真を使ったインスタレーションは、事前に画像を見ていて大変興味があったのですが、高所恐怖症な私は、入り口に立っただけで倒れそうになり、じっくり見られず。残念。

2階へ下り、赤レンガの壁の展示室へ。

液晶モニタやプロジェクターがところどころに掲げられ、出演作から編集された映像を、デビュー時から時系列で見ていくという仕掛けになっています。

さまざまな音、さまさまな映像がひしめく展示会場で、ひとつのモニタに集中しながら観ていく。これもなんだか新鮮な仕掛け。

古い映画のポスターなどもそこかしこに。昭和ムード満点な映像とポスター、そして赤レンガの壁。いい雰囲気です。

個人的な感想ですが、デビュー時の健さんはその立ち姿が初々しすぎる! 演技しているのかわからない無表情だったりする。そして、おでこにシワが刻まれるあたりからが、とてもいいなぁと思いました。

一時期、日本刀で人を斬るシーンがやたらとありまして、「50年前の日本はこんな世界だったのか?」と、一瞬の錯覚しました(笑)

2階の入り口には、映像をすべて見るのに2時間かかると書いてありました。

共演者にあんな人やこんな人がいるのを発見したり、昭和のファッションや風俗をウォッチするのも楽しく、特に健さんファンでなくても意外とあきません。結果、ほぼ全部見ました。

2時間以上の時間と、体力に余裕を持って観に行くのがおすすめです。

日時指定の完全予約制で、ゆったりと快適に観られるのもうれしいポイント。2017年1月15日まで。



追悼特別展「高倉健」@東京ステーションギャラリー

|

« 北信州の飯山で、野沢菜収穫&即席漬け作り体験 | トップページ | 丹波焼陶器まつり[2]「ココチ舎」に、大渋滞に、黒豆ジェラート »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北信州の飯山で、野沢菜収穫&即席漬け作り体験 | トップページ | 丹波焼陶器まつり[2]「ココチ舎」に、大渋滞に、黒豆ジェラート »