パソコン・インターネット

「人生のムダ遣い」

昨年1月に3万円という破格値で購入した型落ちのHP社製ノートパソコン(Windows7)。もともと、かなりもっさりしていたのですが、昨年末からどんどん動作が重くなっていき、いろいろと高速化対策をしてみたのですが、日本語の入力や変換がありえないほど遅くなってきたので、システムのクリーンインストールをし、出荷時の状態に戻してみた。

『これで快適!」と思ったのに、あなたどうしちゃったの、と声をかけたくなるくらい重い…。余計なソフトをアンインストールしたり、Windows Updateをかけて、システムを最新にしようとしたのだけれど、途中でフリーズして進まない。シャットダウンもできなくなってしまった。

ふと振り返ると、Windowsをいじる不毛な作業にいったい何時間費やしたことか…とがっくり。Windowsでこういうことがあるたびに思い出すのが、Mac友達でPCにも詳しかったTさんの「人生のムダ遣い」という言葉。Windowsはいじっているうちにどんどん迷宮入りしていって、精神な消耗が激しいことが多いんですよね(昔のMacはあれこれいじっているのも楽しかったんですが)。

という訳で、もうこれ以上人生のムダ遣いはしたくないので、いっそのことノートもMacに買換えようかと検討中。仕事柄、Windowsマシンもないと困ると思っていたけど、もしかしたらそれは思い込みかもしれないし。その他、本当に人生をムダ遣いしているんじゃないかと、思うことも多々あり…。と、結論のない、単なるつぶやきエントリーになってしましました。

| | コメント (2)

ジョブズ氏アップル社CEO辞任

体が健康でないと、いかに天才であろうとも能力が発揮できないわけで…。それにしても、なんだかさみしい…。

- スティーブ・ジョブズからの手紙

| | コメント (0)

VAIO君ハードディスク交換手術

8月頭に何の前触れもなくハードディスクが壊れてしまったVAIO君(VGN-T91S)でしたが、本日ハードディスクを交換したところ無事に復活しました。

4年半近く使ったし、いろいろ調べるのめんどくさいし、新しいのに買い換えようかなと思っていましたが、何気なく検索したところ、自分で開腹してハードディスクを交換する体験談を公開されている方を見つけ、ダメもとでやってみる気になりました。

間違ったハードディスクを買わないために、まずはHDの型番を調べたいけど、いきなり分解するしかないのか? とパソコンに詳しい人に相談したところ「BIOSで調べられるよ」とのこと。BIOSって何? 状態の私でしたが、電源入れてVAIOマークが出てきたらところでF2キーを押すと黒い画面に数行の白い文字が。しかしEntering Setup...と出たまま、その先のBIOS設定メニューに進まず。HDからは延々と変な音がするし。また相談すると「それはもうダメかも」という宣告をいただいたのですが、もうソニーにリカバリディスクを5,250円で注文しちゃった後でした。うーん。

リカバリディスクが届き、ディスクから起動させてみようとしたところ、これもダメ。どこかのサイトで、壊れたHDがじゃまをして先に進めない…などと書いてあったのを思い出し、まずは開腹して、HDがない状態でリカバリディスクで起動できるか確認してから新しいHDを買おうと、買ってきた細いプラスドライバで恐る恐る、かつ壊れてもともと、という大胆さでVAIO君のねじをはずしていく。4年半分のほこりにぞっとしつつ、途中、プラスティックのかみ合わせをはずす時に、自分の親指のつめがダメになりましたが、壊れたHDをはずしたところ、リカバリディスクから起動するように! BIOSもメニュー画面に進むようになって、いい兆候です。

ということで、同じ型番の60GBの1.8インチHD(MK6006GAH)を、10,980円で秋葉原のパーツ屋で購入。小さいなー、このHD。再びVAIO君を開腹して取り付け、いったんはずした各種フラットケーブルをぐいぐい指で押し込んで(いいのかこれで?)、どこに刺さっていたのかわからないパーツが1つ余りましたが(CDトレイがボタンで開かない原因はこれか?)、お祈りしてから起動したところ、無事にリカバリディスクからインストールがはじまり、ワイヤレスでネットにつながるところまで復活しました。

それにしても、Windowsノートパソコンの開腹&ハードディスク交換なんて、自分でやることがあるとは思ってもみませんでした。かなりの達成感! 昔のデスクトップMacintoshのメモリやハードディスク交換をするより難易度が高かったですが、わたしにもできたのは、先人達の情報共有のおかげですね。ありがとうございます。

初期型VaioType-T(VGN-T90S)のハードディスク換装


| | コメント (0)

iPod nanoでMonopolyにハマる

iTunesストアのゲームコーナーを何気なくクリックしてみたところ、大好きなボードゲーム「Monopoly」があるのを発見! しかも私が持っている第3世代のiPod nanoでプレイ可能ということで、600円で購入。

しかしこの小さい画面でどうモノポリーのゲームが展開するのだろう? と心配だったのですが、これがよくデザインできていて、トークン(駒)の動きも、犬はてくてく歩いて進んだり、靴はぱたぱた進んだり、それぞれのキャラクタにあっていてかわいいし、ボードの周りに緑の家や赤いホテルがランダムに散らばっていたり、コーヒーの入ったマグカップやドーナッツがおかれていたりして、ボードゲームのムード満点。

コンピュータのプレイヤーをイージーとノーマルのレベル設定で2人作り、自分を含めて3人プレイをしていますが、勝ったり負けたり五分五分の勝負といったところ。プレイが佳境に入って、家をいっぱい建てた自分の土地に、他プレイヤーが止まって、レントを払いきれずに破産するところなど、なかなかの快感…。

帰りの電車内ではじめると、駅から家まで歩きながらプレイ続行してしまうほどハマっています。

* * *

昨日は自分を追い詰め気味に仕事してしまい頭痛が…。夜は歓迎会があったので、夕方にリオレサールを1錠飲んでみたところ、かなり眠くてふら~っとした状態に。でも、頭痛は悪化せず、翌朝は体調が復活していたので、これは薬のおかげかも。次回は半錠にしてみよう。

| | コメント (2)

iMacでいやしのお花スライドショー

私が購入したiMacは20インチの2.66GHzなのですが、メモリも2GBと快適で、20インチのワイド画面は「新しい世界」という感じです。

パソコンのスペックに余裕があると、いろいろとトライしてみたくなるもので。週末は天気が悪かったので、お花写真をピックアップして「Rie'sいやしのお花スライドショー」を作成してうっとりしていました。iPhotoのライブラリのスライドショーに写真を選んでほうりこみ、iTunesに入っているお好みの音楽を選んで、Ken Burnsエフェクトをかければ、それだけで写真画像がゆっくりとズームイン、アウトするステキなスライドショーができあがり!

20インチ画面大となると、ちょっと花びらが痛んでいるだけでも気になるので、そういうのははずしていき、画像の順番をあれこれ変えて試行錯誤。

このスライドショーをムービーに書き出すことができるのですが、最大で640×480ピクセルなのが残念(まあ、しょうがないけど)。このうっとり感は20インチワイド画面(以上)で共有したい!

ところで、Ken Burnsというのはアメリカ人のドキュメンタリー作家の名前で、静止画を動画の中に埋め込む手法とのこと。

| | コメント (1)

久々のiMac購入で浦島太郎状態

買ったものが入った箱を開たときの瞬間というのはとても重要で、たとえば、ステキ! と思って買ったジュエリーがちゃちな箱に入っていたり、雑に梱包されていたら、がっくりきてちょっと価値が半減しそうです(反対になんでもない製品でも、気の利いたパッケージがされていると買ってしまったりすることもあるけれど)。

で、本日我が家にやってきたiMacですが、キーボードやリモコンなどが、透明プラスティックでつつまれていて、一瞬「?」と思ったのですが、きっとこれは美しい製品が美しく見えるように梱包したのでしょう。感心…。

E5176431

ちなみに、黒いのはiMacのディスプレイを拭くクロスのようです。取り出してみたら、リンゴのエンボス入りでした。やるなー!

おまけにEverything Macという、小さな小冊子を開けると、そこに書かれていたのは…

おめでとうございます。 このiMacはあなたに出逢うために作られたのです。

「そ、そうなの!?」なーんてちょっと感動してみました。

おまけに処理が速いこと、速いこと。私はMac OS Xをまともに使うのははじめてなので(小声)、操作に関しては浦島太郎状態ですが。

あとは6月のWWDCで、私の理想のMac miniが発表されないことを祈ります。

| | コメント (6)

やけくそ

I/Oデバイスエラーとやらでアクセスできなくなった外付けハードディスク。知り合いに中身を出しもらい、別のケースとケーブルで試したみたところ…同じ現象が現れて、やっぱりダメでした。

やけくそで、Mac OS9.2が入ったiMac(Grape)に挿してみたところ…即座に「フォーマットしますか?」と聞かれました。しませんって。

LX2を買ってから、昨年12月までの1年半くらいの写真画像がなくなってしまい、切ない。でも、Flickrとこのブログにちょっとは残っているわけだし…。と自分をなぐさめています。

| | コメント (2)

Mac復帰計画停滞中…

最も薄い部分は4ミリ…なMac Book Airが発表されたものの、LeopardがインストールされたMac miniは発売される気配がなく(いまだに古いOSがインストールされたものに、Leopardが添付で発売してるのよね)、もしかしてもうちょっとするとminiの新モデルが出るのかな~と期待もしつつ、先が見えないものをぼーっと待つのもつらく、Windowsのデスクトップ買っちゃうぞ! とも思い始めた今日この頃。

Leopard入りMacを買う前提で秋に購入したiPod nanoも、いまのところ音楽と写真画像を入れるくらいにしか使ってなくて、新しいCDを追加しようにもハードディスクが写真画像で圧迫されているのでできず…。

私のMac復帰計画は、昨年夏から停滞してます。

なんでLeopard入りを待っているかというと、OSをインストールする作業がめんどくさいからで…。OSアップグレードだといろいろとトラブルも多いと聞くし。

若いころは「トラブルも自分で調べて解決! 使いこなすぞ!」といった意欲があったけど、いまじゃOSインストールもめんどくさい。大人になりましたなー(笑)。それともWinな世界に毒されてしまったのか?

そして、OS Xを使いこなせるかどうかも自信がなかったりして。


| | コメント (4)

iPod nano or touch

真珠の貴公子さまの個展を見に銀座へ。Apple Storeに寄り道し、はじめてiPod nanoを見た。小さいのは分かっていたけど、想像以上に薄くてかわいい。ヨックモックのお菓子並み、といったら言い過ぎか。これに写真画像を入れておくと人に見せやすくていいかもと思い、Apple Store限定のレッドを買っちゃおうかなーと今一度店内を見渡してみると、ウワサのiPod touchが展示中。

こっちもなかなか薄いし、写真も大きく見せられるか。え、ワイヤレスでインターネットもできるのねぇとミニチュアサイズのYahoo! JAPANトップページを眺めるが、スクロールの仕方がわからない。スタッフに聞くと「指でこうやってつつーっと」と、パネルをなぞるとスクロールした。「で、こうやると拡大します」と、親指と人差し指を広げるようにすると、画面が拡大して文字が読みやすくなった。かなりキレイだし、操作方法がおもしろい! 写真画像のブラウズも人差し指ですいすいとなぞってめくっていくような感じ。

Mac本体もないと活用できなさそうだけど、かなり買う気に。でも、本日の入荷分は売り切れとのこと(産地直送の野菜みたい)。でも、お店を出て冷静に考えてみると、携帯電話の方がカメラもついてるし、ワイヤレス環境がなくてもネットにつながるし、日本語入力もらくらくできそうだしなぁ…と、衝動買いモードは沈静化の方向へ。

裏面の例の鏡面ステンレスにつく指紋の汚れがやっぱり気になるし…。指で表面の画面をタッチするなら、そっちの汚れも気になるし…。妙なところに固執しがちなB型のせいか(?)、私は液晶パネルが汚れているのが、がまんできない。人が私のPCの液晶画面を指で触って指し示そうものなら、「触らないでっ!」と手をつかんで叫んでしまいたくなるほど。画面中が指紋だらけのノートPCとか、絶対使えません。

| | コメント (7)

模様替え

せっかくなので、画像の横幅は800ピクセルにリサイズして、ブログには50パーセント縮小の400ピクセルで表示させたい(中途半端な縮尺だとジャギーな感じになることが多いので)、といじっているうちにはまってしまい、このようなデザインに。

ココログ、本文表示部分幅は300、400、500ピクセルに可変しか選べません。400だとマージンがあるせいか写真がゆがむ、可変だと微妙な感じなので、しょうがなく500ピクセルに。本文横幅長くて読みにくい? ですかね。

もっとここのマージンを取って、ここは横幅ひろげたいとか、いろいろストレスが…。

| | コメント (0)