映画・テレビ

「医龍 Team Medical Dragon 2」

互いを認め合う一流のプロたちによる仕事は美しい…。テレビドラマとわかっていてもほれぼれしてしまいます。ということで、「医龍 Team Medical Dragon 2」2時間18分初回スペシャルは期待通りにおもしろかった。

主人公の外科医・浅田(坂口憲二)はかっこいいのあたりまえでわたしのツボにはまらないのだけど、今回も麻酔医の荒瀬(阿部サダヲ)にはくらっとくることしばしば。手術時、全身麻酔かける前に「オレが戻してやる(だったかな?)」なんて患者に言う台詞にしびれました。去年の虫垂炎手術を思い出すなぁ。

| | コメント (3)

E-510お持ち帰り

しばらく評判を見聞きしてからかなーと思っていたのですが…本日お持ち帰りしてしまいました、OLYMPUS E-510。レンズキットに1GBのコンパクトフラッシュで12万円ちょっと。こんな高いもの買っちゃって、なんとなく、もう後には戻れない! って感じですが、家に帰ってきて前から持ってたストラップつけたり、フィルタつけたりしてたら、なんだか楽しくなってきた。でもバッテリーの充電に5時間もかかるようなので、お預け状態。ワンワン。

お店で先に出たE-410と較べると、「でかい! 重い!」と感じたものの、ペンタックスのK10D触りに行って、「やっぱり軽くてちいさいわ」と気を取り直す。手ブレ補正も強力との評判だし、液晶画面を見ながら撮影できるライブビュー機能も私にはありがたいし(これでバリアングルで、CFじゃなくてSDだったら文句なしですけどねー)、ここ数ヶ月待ってみて、現時点ではいちばんフィットするデジタル一眼レフかな、というところ。

お支払いはデビットだったのですが、クレジットカードでもないのに「限度額を超えてます」と言われ、そういえば、一日の引き出し限度額を10万円にしていたことを思い出し、クレジットカード併用すると、ポイントが10→8パーセントになっちゃうし、買うのやめとこうかと思ったけど(店員露骨に「えーっ」という表情)、今日一緒に「ラストラブ」を観に行ったhさんがお金を貸してくれたので、無事お買い上げ(ありがとー)。

「ラストラブ」は、全体的なテーマは、抑えた雰囲気で表現されていてまあまあよかったのではないかと。ただし、ニューヨークはまだしもジャズミュージシャンという設定がちょっとスパイス効きすぎて、少女漫画チックな感じ。そして、細かいつっこみどころは満載です(事前の了解もなく、生き物を誕生日プレゼントに贈るなんて)。

ラストシーンはセントラルパークでよかったのに…。

| | コメント (11)

「田村正和伝説」

「ウチの子にかぎって…」に出演していたころって、41歳だったのか。
私生活では自転車に乗って、運動のために近所を走ったり(同じ趣味ですね♪)、ときどき食器洗いを手伝ったりするんだー。

素の田村正和映像をこんなに長時間(スマステ@テレビ朝日)…これは、貴重です。

それにしても、赤いチェアに脚を組んで座る様が絵になること。
で、ときどき、チェアを左右にきこきこ動かしているところがかわいかったりする。

今日から公開の「ラストラブ」は、14年ぶりの主演映画っていうから、14年前の映画ってなんだったっけ? と思っていたら、「子連れ狼 その小さき手に」(1993年)だったのですね。…あれから14年も経っていたのか。

あ~、私がリアル田村正和さんと、仕事で一言だけお話したのはこの年だったかも。あのときのことは、いまでも鮮明に覚えています。

| | コメント (4)

理解を超えたファンタジーとリアルの両極端

S区の眺めの良いマンションに住んでいるMちゃん宅に遊びに行く。「恋愛映画を観よう!」ということになり、借りたDVDが「イルマーレ」と「クローサー」。もちろんストーリーに興味はあったけど、決め手はキアヌ・リーヴスとジュード・ロウ。

「イルマーレ」はなぜだか2年間の時差を超えて、手紙のやり取りをするうちに恋がめばえるというファンタジー。韓国映画のハリウッドリメイク。まじめに観ていると、そのシーンが未来なんだか過去なんだかよく分からなくなってくるが、そんなことは深く考えずに、ちょっとせつない雰囲気を楽しむのがいい。と分かっていてもやはり悩む。結末は予想通りのハッピーエンド。

日が暮れて、ちょっと“大人”な「クローサー」に突入。ロンドンを舞台に男女4人の恋愛感情が交差する。

「僕を見て」
「…」
「君は僕に恋をしている」
一緒に住んでいる恋人がいるジュード・ロウが、一目ぼれしてしまったジュリア・ロバーツを口説く台詞。君は僕に、ときましたか。自信満々~(ええ、ちょっとくらっときました)。

まあ、このあたりはスイートですが、このあとはいわゆる修羅場シーンでの男女のシリアスな台詞の応酬が続く。戯曲の映画化ということもあってか、台詞からシーンとシーンの間に何があったかを推測して、それが本当にあったことなのか、嘘なのかを観ている者も考えなくてはいけない。

リアルでビターで、私の理解を超えて大人すぎる…。そしてはっとされられた、2つの結末…。

「それにしても両極端な映画だったね」ということで、最後はふたりで大笑い。でも、なかなかよい選択だったかも。

| | コメント (3)

女たちに翻弄される男

…を演じたらピカ一だな、織田裕二は。と、毎回思わされるTBS日曜劇場「冗談じゃない!」

40歳で20歳の女の子(上野樹里)と結婚…という、独身男性にとっては憧れの(ですか?)設定なんだけど、いやはや彼女の無邪気な若さに軽く尻にしかれ、彼女の母親は実は昔別れた年上の恋人(大竹しのぶ)で、なぜか3人で同居するはめになり振り回され、会社をリストラされて再就職した先は女性だらけで、これまたスパルタな女上司(飯島直子)がいて…と、これって女難の相が出てますよね、と言いたくなるような展開がくりひろげられる。

まあ、翻弄される男といっても、優柔不断で見ているこっちがイライラするような感じ(「東京ラブストーリー」とか)ではなく、熟練の大竹しのぶとの軽妙なかけあいがおもしろく、飯島直子による今回から手のひらを返したような(あこがれの男性と同じ職場になったのに、初日に結婚していることを知り愕然!)いじめられっぷりが笑える。

でも、女性視点から見ているので笑えるんだけど、男性視点だと、身につまされる感じとかあるのかもな~。

| | コメント (2)

「北区 滝野川」に出没!

土曜日の「出没! アド街ック天国」は「北区 滝野川」がテーマだった。現在、そして小学校高学年まで隣接するところに住んでいたので、なんとも親近感があるエリアなのですが、それにしてもずいぶんニッチなところを。まあ、長年番組をやっているとネタもつきてきて、そうならざるを得ないのかも。地元の人にとってはうれしいです。

近所のナゾの店の正体がわかってすっきりした。でも夜は予約制なのね。行きにくいな。

あと、板橋駅近くの一見さんおことわりの高級焼肉レストラン。ブロックで焼いて(さしがないから焼いても湯気しか出ない!)切らないで手づかみで食べるって、ホントですかっ!? 個人的には大爆笑だったんですけど…。

1位は「15の商店街」だったのですが、29位に単独で取り上げられていた「霜降銀座商店街」は昭和の香りがただよう…どころか充満している、いまどき活気のある商店街。共同掲示板にお店ごとのお知らせが手書きの紙などで貼ってあるわけで…。引っ越してきて最初のころは、ここを通るたびにタイムスリップしたような気分になったものです。今はもう慣れたけど。でも、日用雑貨店「あんぱちや」のインパクトは私にとっていまだ健在。そして「スターフルーツ」では「安い!」と思って買ったものが時々失敗だったりする。でも、なぜか騙された気持ちにはならないのだな~。なんでだろう?

My庭園、旧古河庭園は第3位でした。

| | コメント (0)

聞きまつがい

タモリのジャポニカロゴスで、ほぼ日の「言いまつがい」の映像化をやってるのを見てましたが、大昔に雑誌で読んだ、新人OLがチェースマンハッタン銀行を聞きまつがえて

「部長! 調布マンダラ銀行からお電話です」

と取り次いだ話を超えるものは発見できなかった…です。でも、映像化は気持ちよく笑えた。

調布マンダラ銀行ってありそうだな~って、ないない!

| | コメント (3)

スーパーハケンは「お時給」3000円

日テレドラマ「ハケンの品格」。ターミネーターみたいに無表情でバリバリ仕事をこなす“スーパーハケン”役の篠原涼子が意外とおもしろかった。

「ハケン」に昨年流行ワードの「品格」ときたので、すごいこっぱずかしいドラマが繰り広げられるのかと思っていたので、予想外の肩透かし。

でも、スーパーハケンで「お時給」3000円という設定は、ちょっと安いんじゃないかと思う。

| | コメント (3)

田村正和 in NY

田村正和が14年ぶりに映画に主演。舞台はニューヨーク。って、朝起きてテレビをつけたらいきなり映像が! め、めがね!

「かつてニューヨークでジャズ一筋に生きてきたサックスプレイヤー(57)」が若い女性と恋に落ちて、「一度は諦めたサックスへの情熱を取り戻し、再び舞台へ立とうとするが…」ってストーリーに、個人的事情で朝からクッションたたいて大笑い。

タイトルは『ラストラブ』だし、ニューヨークでジャズって、まんがみたいな設定だわ。原作者を知って、「ああ、なるほど…」でしたが。

相手役が伊東美咲というのが許可できません。

| | コメント (4)

なんちゃって猫です

またまたシャープのテレビCMが猫好きのハートを狙い撃ちです。ソファの中央にいる子猫が…。いたいけでたまりませんっ!

エコロジークラスでいきましょう(アクオス 亀山工場篇)

亀山工場だから亀が加わったという認識でよろしいですか?

| | コメント (0)